sponserdlink


この記事を読んでレビューしようと思う。

スタバがドトールに負けた3つの理由

興味を持った理由は、私の会社でも小さな喫茶店をひとつ経営してるから。

とはいえ、今月末で入っている商業施設の閉店に伴いお店も閉めるのだが。

 

スタバがドトールに負けたという理由

 

負けたというのは「2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)」

におけるカフェ部門の「顧客満足度」の調査結果。

この記事を書いた人曰く、

スタバはドトールに「負けた」理由として以下を挙げている。

理由は、

1、手軽さ

2、安定性

3、女性の支持

 

 

ふーん、そうなんですか。

 

http://ryumurao.jugem.jp/?eid=255

 

本当に負けてるの?調べてみた

 

スタバがドトールに負けた。

負けたというのは「顧客満足度の調査」によるもの。

顧客満足度調査「では」負けているらしい。

「らしい」というのは、この調査結果自体、

どのように調査したのかが明確でないのであまり信用してない(笑)

まぁ、本当だとして。

顧客満足度ではスタバは負けたかも知れないがビジネスとしては?

だって、ビジネスだからね。

調べてみよう。

と思ったら、スターバックスコーヒージャパンは2015年に上場廃止してた。

なので売上利益などは古い情報しかなかった。

 

ちなみに上場廃止の理由は米スタバの完全子会社になったから。

話すと長くなるから書かないけど、ネガティブな理由での上場廃止ではない。

詳しく知りたい人は・・・ググって。

 

とにかく2014年の段階ではどうだったのだろう。

調べてみた。

 

ドトール 売上1135億円 純利益38億円

スタバ  売上1256億円 純利益60億円

※2014年の業績

 

まぁ3年前の情報だとこんな内容だった。

売上、純利益ともスタバの勝ち。

この3年でどれほど変わったのかは分からないけど。

3年で経営環境なんてゴロっと変わるし参考にはならないね。

無駄だった。

 

ドトールとスタバの違い

 

まぁ業績は3年前のだから、数字的には今はなんとも言えない。

数学は嫌いだが、ビジネスの上では数字が全てなので、

「こうだろう」「こう思う」というような感覚はあまり好きじゃない。

だから本当は数字で比較したかったんだけどね。

仕方ない。

 

スタバとドトールがどっちが勝っているか。

これについては、いろんな見方があると思うけど、

個人的な意見を。

 

 

スタバとドトールの違い

1、客層

2、客単価

3、利益率

 

まず客層は絶対に違う。

記事には、そう違いはないというような書かれ方がしているが、

それはないと思う。

客がドトールに行く目的と、スタバに行く目的は違うはず。

ドトールは、「休憩」「一服」「軽食」

スタバは、「楽しみ」「期待」「空間」

を客は求めてるんじゃないか。

 

次に客単価。

私はスタバもドトールもよく利用する。

ドトールのコーヒーは安い、スタバのラテは安くない。

ひとつの商品の単価はスタバの方が高い。

ドトールはそれを補うためにホットドッグなどのサイドメニューを

豊富にしているけどね。

 

最後に利益率。

これが「一番重要」だと思う。

2014年の業績を見てもスタバはドトールより利益率が良い。

つまり「キャッシュが残っている」ということ。

これは3年経った今でも変わらないのではないかと思う。

ビジネスの視点から見て、キャッシュが多い方が勝ち。

将来性なども見ればいろんな見方があるだろうけど。

 

スタバはスタバ、ドトールはドトールである

 

で、結局どうなのって話なのだが。

スタバはスタバの経営があるし、多くの客がスタバを求めている。

ドトールも同様で、ドトールの経営があり、多くの客がドトールを利用してる。

つまり、スタバから見れば「負けてないよ?」と思ってるのではないか。

同じカフェというビジネスではあるけど、スタイルは違うし。

 

けど、個人的には、どっちのビジネスが魅力的かというと、

やっぱりスタバかな。

1)利益率が高い

高単価で高利益率。

これは良い。

2)ブランディングできてる

スタバというブランドは確立されてるし、非常に強い。

ただ、ドトールも個人的にとても好きだしよく利用させてもらってる。

 

関連記事

http://blogos.com/article/209385/

http://blogos.com/article/209574/

http://news.livedoor.com/article/detail/12650227/

 




sponserdlink

こんな記事も読まれてます